Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近あんまり更新できなくてすみません
朝夕すっかり涼しくなりましたね。寝冷えしたり風邪ひいたりしないようにお気をつけください。

最近(っていってもここ半年ぐらいかな?)気になってるまんががあります。
「さよなら絶望先生」と「デトロイト・メタル・シティ」。
まだ全部は読んでないんだけど ちょっとずつ読んでます、おもしろい!

DMCは映画が公開中ですね。見に行こうと思ってます。すごく楽しみ
松山ケンイチさんってすごい。役柄によって全然変わっちゃうんだもの。すばらしい。

「さよなら絶望先生」はアニメをちょこっと見たりとか、webラジオ聴いたりしてます。
おもしろいですねぇ。すごく斬新なまんがです。(なんかこんな薄っぺらい感想しか書けなくて申し訳ない



なんていい歌なんだろう。
でー、「らっぷびと」さんのことも書きたいんだけど、時間がないのでそれはまたの機会にでも。

皆さまよい週末をお過ごしください。では。また書きます。

【ニコニコ動画】人として軸がぶれている-大槻ケンヂと絶望少女達 (歌詞)
スポンサーサイト
関連記事
なかなか更新できなくてすみません

今日は、わたしのだいすきな人のお誕生日です。
今は会えないけど、遠くから幸せをお祈りします。

ちなみに…
デビット・クロスビーラリー・グラハム、岡田あーみんさんも今日がお誕生日だそうです。
個性的な人たちですね

The Byrds - Live At Monterey: Renaissance Fair


Graham Central Station - Pow


かっこいいね!
関連記事
しばらく更新しないかも…
って書こうとして、ふと頭に「じゃっ、夏なんで。」が浮かんだので貼ってみる。



懐かしいなー。かせきさいだぁ≡
95年ぐらい?
歌詞がすごくいい。小説のよう。

その頃、渋谷系がすごく流行ってたね。
好きでしたよ。今でも聴くし。
トラットリアの人たちのはけっこう聴いてたな。おしゃれだから。
その中で特に強烈なインパクトがあったのが暴力温泉芸者。
ユニット名からしてインパクト大でしたよ(笑)。
ノイズミュージックって、よくわかんなかったけど ずっと聴いてると気持ちよくなってくる感じ?
気がおかしくなりそうになりながら(笑)。
あー、こういうジャンルもあるんだ、と思った。


さーて次回の更新はぁ。
書けるときに書きまーす♪

気まぐれなんです。だから約束はしない。守れないかもしれないから。
しばらく更新しないかも、とか言ってて、翌日バリバリ長文書いてるかもしんないし。(笑)わかりません。
それではまた次回♪

熱中症に気をつけてね!
関連記事
<赤塚不二夫さん死去>「人生はギャグ」なのだ -yahoo!ニュース
<赤塚不二夫さん死去>「昭和」またひとつ消えた -yahoo!ニュース
時代の寵児…晩年は闘病の日々 赤塚不二夫さん -iza!

とてもショック…。
もう何年も植物状態だということを知ったときもショックだったけど
ほんとに寂しい。

>病室で意識を失う直前まで、世話役のスタッフ女性の胸を触って、「おっぱいだあ、おっぱいだあ」とやって、主治医や看護師さんを笑わせた。

このエピソード、前にもどこかで聞いたか読んだかして 笑っちゃったけど
赤塚先生らしいね。
天真爛漫な、かわいい人だったんですね。

小さい頃から先生のまんがを読んで育ちました。
バカボン(アニメ)は元祖のときからずっと見てました。(わたしが見てたのは再放送だったのかもしれない。)
おそ松くんも、アッコちゃんもだいすき。
先生のギャグマンガは最高でした。

Wikipediaのタモリさんのページにも、赤塚先生とのエピソードが詳しく書いてあるけど、こういうエピソードって、まだまだたくさんあるんだろうな。
懐が深いんだなぁ…。

個人的な話だけど、東京から地元に帰ってきて闘病生活してた頃、『赤塚不二夫の「これでいいのだ!!」人生相談』って本に励まされていました。
男性向けの週刊誌の連載だったからか、下ネタも満載なんだけど、先生の答えがおもしろいし、痛快なんです。笑うと元気になるよね。
戦争の話、女の話、だまされた話、壮絶な体験もたくさん語っているんだけど、最後は「これでいいのだ!!」で締めくくっていて、明るい。
さっき、久しぶりにその本を出してきて読んでました。
赤塚先生の優しさとギャグが詰まった本です。名言もたくさんあります。

大学受験に失敗して絶望しています、という悩みに、赤塚先生は、
「絶望して人生を投げ出すのは簡単だ。だけど、そこを我慢すると、絶対に次にはいいことが起きるって。キミも、まず先に悪いことばかり起きて、これから良くなる番だと思えばいい。まだまだこれから先の方が長いんだからさ。うん、これでいいのだ!!」って答えていました。
この言葉にどんなに励まされたか。優しいよね。
アルコール依存症で入院して、幻覚を見たときのことも、
「けっこう面白い"地獄"だったね。もう一度見てもいいかなって気もする」なんて答えていらして。
「キミもさ、頭抱えて悩む前に、今の"地獄"を楽しんでみる方法考えたらどうかな。地獄も極楽!これでいいのだ!!」だって。
天才は言うことが違うなぁ、と思いながら、この言葉にも励まされた。
当時、自分も地獄みたいな生活だったから(詳しくは書きませんけど)、「地獄も極楽か、苦しいけど こんなときにも何とかして楽しもう」、みたいな気持ちになれた。

赤塚先生、長い闘病生活をがんばられましたね…。
安らかにお眠り下さい。



天国でマチ子さんと菊千代に会えたかな。

関連記事

赤塚不二夫のトリビュート盤が豪華すぎるのだ
赤塚不二夫の大人気漫画「天才バカボン」の誕生41周年を記念したトリビュートアルバム「赤塚不二夫トリビュート~四十一才の春だから~」が9月24日にリリースされることが決定した。

この41周年という数字は、バカボンのパパの41歳という設定にあわせたもの。アルバムにはデブパレード、HALCALI with NONA REEVES、ミドリ、電気グルーヴ×スチャダラパー、EYE(BOREDOMS)、小西康陽、ECD、曽我部恵一BAND、矢野顕子といったバラエティ豊かなアーティストが参加し、「バカボン」をはじめとする赤塚作品へのトリビュートソングを提供している。

また、ブックレットには赤塚とゆかりの深いタモリのインタビューを収録。さらに帯原稿は細野晴臣が担当している。楽曲のみならず、CDをとりまくすべての要素が赤塚スピリットに満ちあふれた脅威のトリビュートが誕生だ。
http://natalie.mu/news/show/id/8640




ジャケットの笑顔がかわいいね。
参加している人たちがバラエティ豊かですね。これは絶対買います。楽しみ!


ちょうどこの話題を書こうとしていたとき、赤塚先生の訃報を知りました。
関連記事
frgret54y.jpgu5uu.jpg2fe7.jpg
1ecb.jpg4e07.jpg2744.jpg
b73c.jpg37ed.jpg3151.jpg
rgfret.jpgdfgerg.jpger34536.jpg

昨日でハーボットが終了。
お別れイベントなどもなく、あっさり終わってしまったね。えらいあっさりしてんねんなぁ。
ピノ君がいないブログ 寂しいなぁ…
今までありがとう ピノ君。かわいかったね。

なんとなく寂しいのでブログペットを置くかもしれません 重くなったらごめんなさい

8月になったので、テンプを夏っぽいのに変えてみました。
今月も笑顔でがんばります
関連記事

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。